ダイエットとサプリメント

「サプリメントでダイエットを効率的に行う」
CMや広告などで頻繁に宣伝されているため、ダイエットにサプリメントはもう常識的なものですよね。
以前私もダイエットに挑戦したことがあり、どうせやるなら結果が早く見えた方がいいと脂肪燃焼系のサプリメントを服用したことがあります。

宣伝では「これさえあれば1カ月でウエスト○○センチダウン」なんてうたっているので相当な期待をしていましたが、何ヶ月経ってもなかなか効果がでない。
これはどういうことなのか、、と服用しているサプリメントのホームページを再度見てみてびっくり。

ページの下の方に小さく
「※その他専門家の指導のもと、食事制限や運動を実施」
と書いてあるではないですか!

「これさえ飲めば」といううたい文句をすっかり信じ込んでいた私はびっくりしました。
そして、ダイエット成功者のコメントには必ずと言っていいほど
「食事のバランスに気をつけて」「適度な運動」という文字が。

サプリメントはダイエットの努力を一定した上で、服用しなければ意味がないんですね。
今考えると当たり前なことなのですよね。
サプリメントを服用しただけで痩せるなら、みんな今頃はスリムなはずです。

やっぱりダイエットには努力がつきものなんですね。
次はそれを知った上でサプリメントを飲もうと思います。

サプリメントの効果

最近なんだか疲れやすい…睡眠時間を確保したくてもなかなかできなくて…
忙しい毎日を過ごしていると、疲労は蓄積されていきますよね。
そんな時に有効なのがサプリメントです。

私は以前寝ざめが非常に悪るく、毎朝起きるのが本当に苦痛でした。
目覚ましを何度も消して、布団にもぐりこむような朝が日課になってくると辛いものです。
生活リズムを改善しようにも仕事が深夜まで及ぶことが多かったのでなかなかできず…。

そこで相談した友人からサプリメントを勧められました。
インターネットでその手のサプリメントはたくさんありますが、まだサプリメント自体を試したこともなかったので、ドラッグストアにあるような誰もが知っている類のものでしたが、効果はてきめん!

初日から体が軽くなり、いつも眠たくなるお昼間の勤務中もスムーズに仕事ができました。
もちろん効果がわかるまでには個人差があるとは思いますが正直「どうせ気持ちだけだろう。」とそんなに期待していなかっただけにとてもうれしかったです。

それ以降、いつも継続して飲んでいるわけではないのですが仕事が立て込んだり、忙しいシーズンには毎日飲むようにしています。

サプリメントの役割

今はたくさんの種類のサプリメントが市場に出回っています。
もうバランスを気にしたような食事でなくても、サプリメントを摂取すればカラダに良い食事が出来るのでは?

答えはYES…ではありません!
確かにバランスだけを見ればサプリメントで十分必要な栄養素を摂取することが可能ですが食事は実は栄養を摂取せればいいというものではないんです。

バランスの良い食事を心がけると、様々な食材を使うことになりますので口の中であらゆる食感を味わったり、堅いものから軟らかいものまでたくさん噛む作業が必要になります。
またたくさんのお料理を目で味わい、それを舌でも味わう。
こういった作業が脳に刺激を与え、栄養を摂取する以外にもカラダに良い働きをすることになります。

ではサプリメントは不要なのでしょうか?
私たちの生活は忙しく、毎日栄養バランスのキチンととれた食事をするのは困難です。
そういった時の為に、食生活を助ける…それがサプリメントの役割です。
食事とサプリメントのバランスを上手にとって、より健康的な食生活を目指すことが重要です。

サプリメントを続けるコツ

ダイエットのため、健康のため、美容のため… 様々な目的でサプリメントは服用されます。
結果が見える時もありますが、体内の環境は少しずつ変わっていくものです。
なかなか目に見えるような変化がない場合、手軽で簡単なサプリメントであっても続かない人も多いはず。
そんなアナタにサプリメントを続けるコツをお教えします!

  1. いつも目につく場所に置いておく。
  2. かわいらしい瓶や持ち歩く際はおきにいりのピルケースなどを使ってみては?

  3. 生活習慣として定着させる。
  4. まず3週間はがんばって続けてみてください。物事が習慣化するまでには最低3週間かかると言われています。

  5. 完璧主義にならない。
  6. 絶対食後に飲む!と意気込んでしまうと、出来なかった時に落胆してしまい、その後のモチベーションがガクリと下がってしまいます。
    1~2回忘れてもいいから、やめずに続けることが大切です。

  7. 目的を持つ。
  8. なんとなくサプリメントを服用するのではなく、何のために服用するのかを自分の中ではっきりさせましょう。

いかがでしょうか? 続けるのが苦手な方にオススメです。